2020-12-19 (土) 19:00- 23:59

SPECIAL GUEST DJ:SEKITOVA
DJ: CARIN, NOV, HIDEKI, Xin, 松浦発電所

2,000YEN(別途 1DRINK ORDER) ※限定20名

コロナ過においてもなお音を止めなかった硬派系四つ打ち系パーティーニッショウハウジングナイト!。12月で15周年を迎えます!今は無きHydro reactionで始まったニッショウは松江NUでレギュラー開催中。BPM140の流れが再度きつつある昨今、今回もガツンと行きます。15周年に相応しいゲストとして、多方面で活躍しているSEKITOVA氏を迎えます。最先端のテクノを是非体感下さい。ニッショウCREWも気合い満開。この機会に是非どうぞ!

●SEKITOVA
大阪、1995年元旦生まれのDJ/Producer。生まれる前からJoey BeltramやDave Angelを胎教に、様々なエレクトロニックミュージックに触れ合ってきた文字通りの第二世代。テクノ以外にも様々な音楽に影響を受け「テクノはジャンルではなくそれと向き合う姿勢の事」を胸に、時に細々としたジャンルの壁を越えていく事もいとわないストーリー重視のDJ。
躍進の年となった2013年は「BIG BEACH FESTIVAL」のメインステージを筆頭に「Road to Ultra JAPAN」など数々の舞台に登場。ageHaのモンスターテクノパーティー「CLASH」へも度々招集され、アリーナにも出演している。さらに宇川直宏が主宰する「DOMMUNE」では今年、3時間SEKITOVA ONLY番組もオンエアされ好評を博し、日本初開催となったUltra Music Festival、「ULTRA JAPAN」への出演など、各方面からの期待値の高さを伺わせると共に現在進行形での成長を裏付けた。
トラックメイクの方ではMaltine Records等ネットレーベルやSoundcloudほかをメインにリリースするなど、インターネットでの活動が主であったが2012年12月5日に初アルバム「premature moon and the shooting star」を自主レーベルよりリリース。砂原好徳やDJ SODEYAMA、Hideo Kobayashiを皮切りに数々のトップアーティストから支持され、タワーレコードでは各支店のバイヤーからのプッシュも受ける。iTunesではエレクトロニック部門でトップ10入りを果たし、ミュージックマガジンが選ぶ2013年ベストチャートのテクノ・ハウス・ブレイクビーツ部門で6位にチャートイン。その他Maya Jane Colesの楽曲やアニメとしても知られるアトラス社のゲーム、「ペルソナシリーズ」の楽曲など、その立ち位置を生かして様々な分野の楽曲を公式にリミックスした。2014年には1年ぶりとなるオリジナルトラック「Formal Strip」をSugiurumnn主宰の」BassWorks Recordingsよりリリース。Wasabeatテクノチャートで最高2位を記録。
SOUNDCLOUD
TWITTER